★Back to the top
 to the Express-top
        鶴亀のなぞ 
                    

       ■ 新生・つるかめエクスプレス    
       ■ つるかめ語の手引き          
 
    THE TSURUKAME EXPRESSの誕生の謎を語るには、『ツルカメ!』
  について語らないわけにはゆかない。そもそも『ツルカメ!』とは、月刊誌
  「実業の日本」に1994年4月号から1995年12月号にわたって掲載された
  エッセイ『脳ミソにビタミン!』をまとめて加筆し、1冊にまとめた単行本で、 
  1996年の6月に刊行されたものである。

  で・・・  『ツルカメ!』というタイトルは、単行本にまとめる際、担当者が
  お正月気分で「なにかインパクトのあるものを! あっはっは」と話して
  いたのを聞いて、筆者が「たとえばツルカメみたいな?」と思わず反応した
  答えが原因で「そうなってしまった」ものであった。後になって、企画会議で
  「つるかめ!」というタイトルについて説明し、また、営業担当者にも「この
  本はつるかめでいきますっ」と説得せねばならなかった担当者は泣いて
  いた。筆者のほうは大変愉快であった。編集者を泣かせるのは面白い。

  しかしながら内容はいたって真面目、阪神大震災に始る「戦後日本神話」
  の崩壊について、筆者なりに鋭く迫った内容で、ある種、それなりの「憂国
  の書」の体裁を整えている。現在の日本の現状を目の当たりにするならば、
  今さらながらに筆者の先見の明も、まんざら捨てたものではなかった・・・
  と我ながら感心する。

  古来、「つるかめ」とは、縁起の悪いことが起きた時に唱えるおまじないの
  言葉として使われてきたのだという。相変わらず景気は回復せず、ますます
  凶悪な犯罪にむしばまれるニッポンを、誰が憂えずにいられようか! 今
  こそ、文化的で温厚な普通の市民はニッポンを護るために立ちあがって
  「つるかめ」の雄叫びをあげなくてはならないのだ! おばさんも、若者も、
  ヴェンチャー企業の社長さんも…普通の人だって、ニッポンを憂えている。
  「憂国」という言葉は、普通の人のためにこそあるのだ。日本は普通の人の
  ための普通の国である。「神の国」などではない。あえて言うなら「紙の国」。

  なので、『ツルカメ!』にはじまり、豪華客船のメタファーを使ったウェブ・
   マガジン『ツルカメ・エクスプレス』がスタートし、こうして、今再び「ツルカメ」
    がオピニオン・サイトとして生まれ変わる。
 
  そう… 「つるかめ」なのだ。            
  
  すすめツルカメ、勝利は近い。ニッポンの民主主義の発展と
     経済の安定、 平和で安全な社会と美しい自然環境の実現を
     記念して、筆者は再び、 ツルカメの旗印を掲げることにした。

   アートは力。合言葉はツルカメ!