<$Blog Title$>

Thursday, October 11, 2007

帰って来た理由 そのI

出版を取り巻く環境も激変しており、驚いたことに、この十年の間には長い歴史を持つ経済誌の老舗、月刊『実業の日本』が休刊してしまいました。三大紙を中心とした新聞を含め、紙媒体の出版物は日に日にその影響力を弱めているように見えます。
柴田亜美さんが描いて下さった傑作表紙イラスト「鶴・亀とその他の動物」

私は未だに紙媒体での出版を大事に思っておりますが、私のかつての書籍のすべてが、古書となってAmazonで大量に取引されているのを見るのは複雑な思いです。デビュー作『美術館は眠らない』は、単行本、文庫を併せると5万部を売り上げましたが、最近では新刊が出て3ヶ月もしないうちから読んでしまった読者がAmazonやブック・オフに本を出して来るわけで、物書きだけで商売をしていくのは困難な時代になっていると思います。

0 Comments:

Post a Comment

<< Home